木曜日担当☆珠里友子

 

○○さん

こんにちは!珠里友子です。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

≪木曜日担当☆珠里友子≫

 

 

はじめまして、

木曜日担当の珠里友子です。

4男1女、5人の子どもの母をしております。

 

子どもを産むまでは子育てなんて

ちょちょいのチョイ♪で楽しめて、

子どもを天使ちゃん♪と呼ぶのだろうと

思っておりました。

 

いやいや、とんでもありませんでした・・・

子どもって自分の思い通りに動いてくれない。

思い通りに成長しない。

なんで、いうことが分からないの?

なんで、こんなことができないの?と

いつもイライラ・プンプンしていました(^_^;)

子どもを可愛いと思えない自分に出会いました・・・

子どもと関わるのが苦痛でたまらない・・・

それでも良い母になりたかった6~7年前の私は

4人とどうにか楽しみたくて

4人を連れて外へ出かけていました。

でも4人を連れて歩けば

「見て~みんな男の子」

「すごいよ!みんな男」

「4人とも男だよ、しかも双子も!!」と聞こえてくるのです、

男の子が苦手で戸惑いを感じながらの子育てに

罪悪感満載だった私にはその言葉は屈辱的で馬鹿にされている

としか思えず突き刺さりました。

私は徐々に子どもたちと出かけることを避け、

関わることも避けるようになりました。

子育て暗黒時代の幕開けです!!

 

「男の子4人」の母親であるということに劣等感を

持った私はやんちゃなイメージが強い男の子でも、

いい子に育てたい・・・

「大人のいうことをよく聞くいい子に育てたい」と

頑なになりました。

日々、子どもを思い通りにする方法だけ考え暮らし、

思い通りにならないとめっちゃ怒り

イライラ・プンプン恐ろしい鬼ママでした。

(先日、長男にも「恐ろしい鬼ママだったー」といわれました(^_^;A) 

 

それでも自信はありました、今思うと自信を持とうと

必死だったのでしょうけど、自信がありました!

 

そんな私でしたが3年ほど前、

子育てに大きく躓きました。

当時11才だった長男が椎間板ヘルニアを発症し、

そのことで周りの大人からの心無い言葉に傷ついた長男は

「僕なんて必要ないんだ、

僕は大人になっても世の中にでれないんだって、僕なんて・・・」

と口にし、情緒不安定に・・・

そしてその方たちは私たち親にも

「子どものいうことを100%信じるからあんな子に

なってしまったんですよ!」

「このままじゃあの子は世の中に出られませんよ

ニートになってしまいますよ。」と・・・私自身も情緒不安定に・・・

 

私ははじめ、心無い言葉を口にする方たちを

「なんで、そんなひどいこと言うの?

なんで、大人のくせに子どもの気持ちをくみ取ってあげられないの?」

と責めていました。

 

「なんで?どうして?」と自問自答の日々が続き、

ある日、気がつきました。

心無い言葉を最初に息子に言ったのは私自身だと・・・

 

 

長くなってしまいました^^;

自己紹介、来週へ続きます・・・

 

 

 

【ファミリーコミュニケーション】

珠里友子

http://www.oyakode-egao.com/

http://ameblo.jp/4purasu1-haha/

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン