2013年

9月

20日

私達はどんな瞬間も100点満点

 

○○さん

こんにちは!松尾靖子です

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

≪私達はどんな瞬間も100点満点≫

 

 

こんにちは!

 

千葉・柏の勇気づけリーダー

松尾靖子です。

 

 

先日、感情に共感して解放するセミナー

【KKK@柏】を開催しました。

(KKK=感情に共感して解放するワーク)

 

 

KKK@柏 開催の様子はコチラをご参考に。

http://ameblo.jp/marucyomama/

 

 

KKKにご参加いただいた方から、

 

「メルマガ読んでいますよ。

 それぞれのリーダーさんの

 個性がよく出ていますね。」

 

 

と、お声をいただいて

とっても勇気づけられました。

 

 

ありがとうございます!

 

 

 

さて、今日は頑張り屋さんの

メカニズムについて。

 

 

まず、質問ですが、

 

そもそも頑張り屋さんって

良くないこと、悪いことでしょうか?

 

 

 

以前の私は、

 

「頑張り屋さんだね。」

 

と人から言われると、

 

なぜかすごく悲しくて、

辛い気持ちになりました。

 

 

今の私は、色んなことに頑張れる力、

挑戦できる力がある頑張り屋さんって

とても素晴らしいことだと思っています。

 

 

自分を成長させたくて、

新しいことに挑戦し、打ち込むことは

人の成長において大切なこと。

 

 

でも、その頑張る動機、

頑張るときのスタートラインが

ズレてしまっていると、

ちょっと不便なんです。

 

 

例えば…

 

 

頑張らないと人から

認めてもらえないから

頑張る。

 

 

自分の描く理想の自分になるために

頑張る。

 

 

人より劣っているから

頑張る。

 

 

頑張っている時だけ

充実感があるから

頑張る。

 

 

自分が好きになりたいから

頑張る。

 

 

頑張らないと価値がないと感じるから

頑張る。

 

 

全力で頑張らないと

失敗してしまう気がするから

頑張る

 

 

これらはすべて以前の私が

愛用していた思考です。

 

 

これらに共通しているのは、

 

 

”今、この瞬間の自分はダメ”

 

というスタートラインです。

 

 

 

ダメだしからのスタートは、

 

0にも満たないマイナス100点からの

スタートのようなものです。

 

 

これでは、スタートラインの0に

辿りつく前に、

消耗して疲れてしまいますね…。

 

 

 

本来、人はどんな瞬間も100点満点。

 

 

いつでも100点満点の

スタートラインから、

 

綺麗な空を見つけたり

 

大好きな人と時間を過ごしたり

 

いつもやらない家事を頑張ったり

 

私、頑張ったね。

私、良かったね。

 

と加算方式の思考に変えると

 

頑張る事がとってもワクワク

楽しいものに変わります。

 

 

 

ぜひ、朝、起きた時

 

私は今日も100点満点!

 

と言ってみてから

一日をスタートしてみて下さい♪

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*

 

勇気づけ・SMILEリーダー

松尾靖子

ブログ:http://ameblo.jp/marucyomama/

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン