2013年

10月

04日

小さな頃の自分がした勘違い

 

○○さん

こんにちは!松尾靖子です

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

≪小さな頃の自分がした勘違い≫

 

 

○○さん

千葉の勇気づけリーダー

松尾靖子です。

 

 

運動会シーズンで、毎週末

どこのグラウンドでも元気な掛け声が

聴こえてきますね!

 

今週末は、私の娘も運動会。

 

お弁当作りがんばります!

 

0歳から保育園に行ってくれている

娘も今年で卒園。

 

今回が、保育園最後の運動会になります。

 

来年の4月には小学生になると思うと

とっても感慨深いです…。

 

 

アドラー心理学の考えでは、

 

第一段階は6歳、遅くとも10歳までには、

その人の生き方の信念(ライフスタイル)

の骨子が形成されると言われています。

 

 

まさに、私の娘はライフスタイル形成の

第一ステップを丁度終えた所です。

 

 

6歳まで体験してきたこと、

過ごしてきた環境、

関わってきた人達から

 

多くの事を学んで、

 

・世界は~な所なんだな、

 

・周りの人たちは自分にとって

 ~なんだな、

 

・自分は~な人間なんだな、

 

と、~の部分のパターンを自分なりに

作っていくんです。

 

 

この時に自分で作ったパターンを

私たちは、大人になってもずっと

大切に使い続けていきます。

 

 

でも、このパターンを作った6歳の頃は、

 

まだまだ視野も狭くて、知識もなくて、

体験も少ないです。

 

 

大きな勘違いをしてしまっている

可能性も大いにあります。

 

 

・自分の事を好きになれない。

 

・自分なんてダメだ。

 

・誰にも愛されていない。

 

etc…

 

という思いも、もしかしたら、

6歳の小さなあなたがした

大きな勘違いかもしれません。

 

 

まずは、無意識にしていた

勘違いに気づくこと。

 

そこから、根拠のない自分への自信作りの

第一歩になります。

 

 

是非、一緒に自己勇気づけ上手の道を

歩んでいきましょう!

 

 

 

勇気づけ・SMILEリーダー 松尾靖子

ブログ:http://ameblo.jp/marucyomama/

 

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン