2013年

12月

13日

勇気の源泉を取り戻す

 

○○さん

こんにちは!松尾靖子です

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

≪勇気の源泉を取り戻す≫

 

 

こんばんは。

 

金曜日担当勇気づけリーダー

松尾靖子です。

 

手術をしてから丁度一ヶ月が経ち、

すっかり日常生活には支障がないくらいに

回復してきました(^_^)

 

勇気づけの講座やワークショップの主催も

再開し、勇気づけをお伝えできる喜びを

ハートでいっぱい受け取っています!

 

自分のハートが喜ぶことをすると、

勇気の源泉から自然とエネルギーが

どんどん満ち溢れてきます。

 

小さな子どもがいつでもエネルギーに

満ちているのは、生まれ持った

無限の勇気の源泉が備わっているから。

 

子どもが成長する過程で、

勇気くじきを受けたり、

勇気づけが不足していると、

この生来備わっている

勇気の源泉に蓋がかかってしまい、

うまくエネルギーが湧いてこれない

状態になってしまいます。

 

一度蓋をしてしまったとしても、

勇気づけという刺激を受けることで、

再度、自分の中の勇気づけの源泉を

思い出すことができます。

 

その感覚さえ再度つかめれば、

源泉ですから、エネルギーが枯渇する

という概念自体がなくなります。

 

 

私は、ずっと責任感が先行して、

自分がやりたくないこと、

ハートが喜ばないことでも、

 

イヤだなぁ、と感じている

自分の感情を横に置いたり、

麻痺させたり、言い聞かせたりすることで、

 

目の前に与えられた課題や業務を

遂行することが得意でした。

 

つべこべ言わずに感情を入れずに

やるべきことをさっさとやる。

 

は、大人として大切なことでもありますが、

 

それの度が過ぎた時、

自分の快や喜びのアンテナが

麻痺してしまって、

 

自分が何をしたら嬉しいのか、

楽しいのか、幸せなのかが

感じられなくなりました。

 

そうなれば、人生は世界は、

やらなくてはいけない義務ばかりの

息苦しい場所でしかありません。

 

 

本当は、いろんな体験をして、

学び、喜ぶことを決めて

生まれてきたのに!

 

 

なので、真面目すぎるお姉ちゃん、

自分だけが幸せや喜びを受け取ることに

罪悪感を感じる方、

自分はさておき、世のため人のために

奉仕することが正しい、美しいと

感じている方、

 

ぜひ、他人はさておき、

まずは自分が喜び、幸せになることに

専念してみてください(^ ^)

 

 

自分が喜びを受け取ると、

周りの人も世界も変わります。

 

 

ぜひ、だまされたと思って

やってみてください。

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

また、来週金曜日にメールで

お会いしましょう(*^_^*)

勇気づけ・SMILEリーダー 松尾靖子

ブログ:http://ameblo.jp/marucyomama/

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン