結果を認める

 

○○さん

木暮茉実子です。

今日も読んで下さり、ありがとうございます(^O^)

 

 

≪結果を認める≫

 

 

「認める」方法の種類は4つあります。

*結果を認める

*行動を認める

*姿勢を認める

*存在を認める

 

「結果を認める」

これは、「褒める」ことと近い気がします。

 

結果を出したときに、認められることだからです。

出来たこと・成果が認められるということです。

 

 

勇気づけの講座では、褒める(褒美)と勇気づけの違いを

こんな風に定義しています。

 

「褒美」

行動の結果に与えられる

成功した時に与えられる

親の欲求を満たしたときに与えられる

条件付き

 

「勇気づけ」

行動の結果だけでなく、姿勢・プロセスに与えられる

成功した時だけでなく、失敗した時にも与えらえれる

長所・能力を認めるもの無条件

 

そして、褒めること(褒美)には弊害があると。

1.褒美をくれる人がいないと、適切な行動をしなくなる

2.褒美が次第にエスカレートする

3.結果ばかりを重視するようになり、百かゼロか主義になりやすい

4.褒美が欲しいために手段を選ばなくなる

 

 

「結果を認める」「褒め」「褒美」がいけない訳ではありません。

【弊害】を知って、ほどほどに。。。お酒みたいですね。。。

 

ほどほどにしないと、二日酔いが待ってる。

みたいな。。。

 

結果を出した時だけしか、褒められないことがずっと続いたら

ちょっと嫌になりますね。。。

 

 

そこで、他の3つの「認める」をバランスよく混ぜることが

とっても大切になってきます!

 

*行動を認める

*姿勢を認める

*存在を認める

 

この3つです。

この3つの認めるこそ、勇気づけ♪

 

 

もう一度言います。

「結果を認める」こと「褒める」ことは間違いではありません!

 

「結果を認める」ことも「褒める」ことも、とても大切なこと!

バランスが大切なのです。

 

 

○○さん、褒められるとどんな気持ちになりますか?

私は嬉しいんだけど、同時に嫌な気持ち・・・

というかソワソワする気持ちになって落ち着かなくなってました。

 

 

≪結果を認める≫

これだけだと、二日酔いに似た症状に?!

 

 

◆*◆*◆*◆*◆

 

「2013年1月23日 今日のオススメ

○○さん、「失敗いっぱい大歓迎!」って3回言ってみます???

 

◆*◆*◆*◆*◆

 

 

つぶやき♪

昨日、「スマートフォンで動画セミナー」に参加しました。

これからは動画の時代だそうです。

自己紹介とか、自分撮りしてYouTubeにUPしたりするんだそうです。

セミナー中に練習で撮った動画、自分で見て爆笑でした!

言いたいこと全然まとまってないし、目線がうろちょろするし!

相当練習が必要ですよー

そんな初動画を、メルマガを読んでくださっているみなさんにだけ

こっそり公開!

http://www.youtube.com/watch?v=Q-DJzZSwHkI

動いている木暮は、お会いしたことのないみなさんの想像する

木暮と近いのでしょうか???

気になるところです・・・

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

また、明日ヽ(^o^)丿

 

 

○○さんのご意見・ご感想・ご質問、なんでもお待ちしています!

 

【office590】木暮茉実子

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン