TO DOリストの落とし穴

 

○○さん

こんにちは!松尾靖子です

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

≪TO DOリストの落とし穴≫

 

 

こんばんは!

 

金曜日担当勇気づけリーダー

松尾靖子です。

 

またまた一週間巡って金曜日ですね。

 

○○さんにとってどんな

一週間でしたか?(^_^)

 

 

お正月が大きな区切りとなる

日本人にとっては、

 

年末に向かうこの時期は、

不思議と年末までに

あれを終わらせなきゃ!

 

と何かと気ぜわしくなる

ムードがありますよね。

 

 

 

今日は、

『TO  DOリスト』=やるべきことリスト

について考えたいと思います。

 

 

効率的にやりたいことを進めたり、

とっちらかった案件を確認、整理したり、

やる気モチベーションをあげるために

 

『TO  DOリスト』を作ることは

とても効果的だと思います。

 

特にお仕事をする時は、

欠かせないものですね。

 

 

私もかつては仕事においても

プライベートにおいても

『TO  DOリスト』が

大好きでした…。

 

リストをいっぱい作っては

ガシガシ実行して、

 

できたものを消去していくことに

達成感と安心感を感じていました。

 

でも同時に焦りや疲労感といいった

マイナスの感情も感じていました。

 

 

なぜだったのでしょうか…?

 

 

実は、『TO  DOリスト』にも

時々点検が大切です。

 

 

というのも、心理学的な一観点から考えると、

 

「〜しなければならない(すべきである)」

 

という言葉は、人間の言語にダメージを

与えるリスクがあります。

 

 

なぜかというと、そこに当事者意識が

欠けているからです。

 

決断する主軸が自分ではないから

やらされ感を無意識に感じます。

 

 

このリスクを減らす方法は2つあります。

 

「しなければならない(すべきである)」を

 

「したい。」に置き換えてみる。

 

もう一度その行為に対して、

以下のように自問してみましょう。

 

・そもそも、本当にそれをしなくては

 いけないのでしょうか?

 

・なぜそれをする必要があるのでしょうか?

 

・自分は本当にそれをやりたいのでしょうか?

 

 

そして、やるかやらないかは、

自分で選択出来る自由がある

ということを再度自覚してみましょう。

 

 

すべての決断の主人公を自分に

取り戻す事で、前進する力は

驚く程パワフルになります。

 

 

いそがしくて「〜すべき」に少し

疲れてしまった時は、

 

是非、自分の頭の中に作った

『TO  DOリスト』を思い浮かべて

 

自分のハートの気持ちを

点検してみてくださいね(^_^)

 

 

もちろん、リストを見てみて

 

ウキウキ、ワクワクする!

 

という気持ちなら、

ぜひどんどん楽しく取り組んで

進めまくっちゃってください(^o^)/

 

 

今日も読んでくださり

本当にありがとうございました!

 

また、来週のメルマガでお会いしましょう。

 

 

勇気づけ・SMILEリーダー 松尾靖子

ブログ:http://ameblo.jp/marucyomama/

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン