2014年

3月

12日

今を生きる

○○さん
こんばんは!山口由実です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


≪今を生きる≫


○○さんこんばんは。
3月12日 水曜日担当 山口由実です。


昨日で、東日本大震災からちょうど3年経ちました。


3年前の今日、○○さんは何をしていましたか?


私は、震災の次の日は
今までに経験した事がない不安と戦っていました。


テレビから流れる映像が
現実なのか、夢なのか
区別がつかず。


ただ、福島に住む祖母の安否が心配で
仙台に住む友人の安否が心配で
何が起きて、どうなってしまったのか


電話も繋がりにくく、
度々鳴る地震警報の音に
ただビクビクしていました。


電車も動いていない線が
ほとんどでしたから、
実家に帰る事もできず


スーパーは長蛇の列で
食品を手にするのすら困難で、
この先日本がどうなってしまうのか


とにかく不安でいっぱいでした。


不安の中で、
『私は何ができるのだろう?』
と常に問い続け、
あまりにも無力な自分に落胆しました。

たくさんの不安の中で
たくさんの事を思いました。


私はあの日感じた事、
あの日思った事、
あの日気づいた事、
あの日決めた事


どれほど形にしてこれたかな?


ここ数日そんな事を考えています。


あの日、私は家族や友人の存在が
どれほど私にとって大事な人達なのか
を痛感しました。


あの日、私は地域のつながりの
大切さを思いました。


あの日、私は「当たり前」なんて
この世に存在しないのだと気づきました。


あの日、私は最後の時まで
生きる事を決めました。


3年間という時間の中で
私は、大切な家族や友達を
傷つけるような事もしてしまいました。


私は、地域のつながりを
ないがしろにするような事も
してしまいました。


私は、「当たり前」にあぐらを
かくような時間も過ごしました。


できなかった時も
沢山ありました。
自分が恥ずかしくなります。


でも、あの日より前の私を
思い出してみると全然違う私がいます。


それは、自分の道を歩こう!と
決めている私がいる事です。


私が大好きな 相田みつをさんの
詩の中に


「あしたのいのちはあしたになってみないとわからない」

という言葉があります。


改めて、「今」ここにある命を意識して
感謝して、私の道を歩いていきます。


震災により犠牲になられた
たくさんの方々に心からご冥福をお祈りいたします。

そして、被災地のみなさまが
少しでも前を向いて、笑顔になれる日が
来ることを心から願って、応援しています。


今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。


水曜日担当 山口由実

☆☆☆今週のオススメ☆☆☆
「私は今生きている!無限の可能性がある!」と
空に向かってつぶやいてみる。


http://ameblo.jp/uki-uki-happy-okasan/


●〇●○●○●○●○●


明日は木曜日☆
珠里友子リーダーです
http://ameblo.jp/4purasu1-haha/


●〇●○●○●○●○●


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

お得なショッピング・クーポンのポータル コムピータウン